MENU

不妊鍼灸

健康的な”母体”作りには

不妊鍼灸はこのような方におすすめです。

funintoha

*まずは、身体(土台)作りが必要だと考えている
*体を整えて、元気な赤ちゃんを授かりたい。
*不妊治療のために病院を受診している
*自然妊娠を考えている
*病院で原因不明で妊娠できないと言われた。
*二人目不妊で悩んでいる
*不妊治療に少し疲れてしまった。いったんお休みして身体作りをしようと考えている。
*体調がなんとなく優れない
*冷えが強いと感じている

すざく鍼灸の不妊鍼灸の治療方針

*自律神経を整えて、ホルモンバランスを整える
自律神経は、交感神経と副交感神経の2つがあり、自分の意思とは関係なく働き体をコントロールしています。この自律神経が乱れると、さまざまな不調が起こりホルモンバランスも乱れます。ホルモンバランスを整えることは、妊娠しやすい体の基本になります。

*骨盤内の血液の流れをよくすることにより、妊娠しやすいお体に整える
骨盤内は、妊娠に直接関係する臓器(子宮や卵巣)があります。血液は臓器に栄養と酸素の供給をします。良質な卵子や妊娠率を上げるために、骨盤内の血流を良くすることは大切です。

*免疫力をアップする
鍼や灸をすることで血液内の白血球が増え、免疫力がアップします。免疫力がアップするということは、外因、内因ともに影響を受けにくく健康な身体を維持できるということです。年間に妊娠ができる機会は約12回です。その12回のチャンスを健康的な体で受胎できるということは、健康的な赤ちゃんができるということにつながります。
健康な赤ちゃんは、健康な母体から生まれてきます。健康な子供は、受精時と初期30日の母体の状態が影響すると言われています。

*ストレスの緩和
不妊治療は、精神的、肉体的にストレスがかかります。特に脳の視床下部は、ストレスが溜まりやすい場所です。この視床下部は、すべてのホルモンの司令塔のため、ストレスがかかり過ぎると妊娠に必要なホルモンに影響を与えます。ストレスは上手に緩和することが大切です。

不妊症についてより詳しくは、以下の「鍼灸ブログ」でご説明しています。

→不妊が疑われる主な症状
→不妊症の原因