MENU

節目年齢

千葉県市川市妙典のすざく鍼灸治療室です。
今から2000年前に書かれた中国最古の医学書「黄帝内経 」は、東洋医学の思想や養生など、生活の仕方なども記載されています。その中に人の体は「女性は7の倍数」「男性は8の倍数」で変化するという、「節目年齢」が記述されています。

≪女性≫
 7歳…永久歯に生え変わる
14歳…初潮が始まり、子供が産めるようになる
21歳…体が成熟し、妊娠適齢期に。 
28歳…女性としてのピーク時
35歳…容姿が衰え始める 
42歳…しわや白髪とともに生殖能力も衰え始める
49歳…閉経とともに子供を授かるのが難しくなる。
56歳…肝気が衰え始める(体力低下が起こりやすくなり、イライラや目の疲れ)
63歳…心気が衰え始める(不眠が起こりやすくなり、動悸、息切れ、慢性疲労)
70歳…脾気が虚弱になる(食欲不振、胃腸の虚弱が起こりやすくなり、便秘や下痢も)
77歳…脾気が虚弱になる(食欲不振、胃腸の虚弱が起こりやすくなり、便秘や下痢も)
84歳…肺気が虚弱になる(皮膚が乾燥しやすくなり、風邪がひきやすくなる)
91歳…腎気が減少する。女性として長寿

≪男性≫
 8歳…永久歯に生え変わる
16歳…精通を迎える
24歳…男性として体が出来上がる
32歳…男性として最も体が充実する
40歳…体力に衰えが見え始める
48歳…白髪が目立つ
50歳…肝気が衰え始める(体力低下が起こりやすくなり、イライラや目の疲れ) 
56歳…生殖能力が衰え、体全体が老化する
64歳…心気が衰え始める。老年期に入いる
72歳…脾気が虚弱になる(食欲不振、胃腸の虚弱が起こりやすくなり、便秘や下痢も)
80歳…肺気が虚弱になる(皮膚が乾燥しやすくなり、風邪がひきやすくなる)   
88歳…肺気が虚弱になる(皮膚が乾燥しやすくなり、風邪がひきやすくなる)
96歳…腎気が減少する。男性として長寿。

現代の医療が発達したとはいえ、2000年前に書かれた頃から人体の変化の節目は変わっていないように思います。妊娠を希望している女性にとって、この「節目年齢」は悲しい気持ちになるかもしれません。しかし、妊娠の可能性は閉経するまであり、身体の変化の目安を知ることで、心や体の準備をすることができるのではないでしょうか。

身体は、質のよい睡眠をとり、呼吸を整えストレスを溜めないようにしたり、季節ごとに応じた生活をすることで身体の弱い部分が改善されていくとも言われています。
日常生活の中での規則正しい生活が難しいときは、東洋医学(鍼灸や漢方)を取り入れて、体のバランスを整える方法もあります。
女性の身体は、妊娠、出産、更年期とステージが変わるごとに変化は続いていきます。日頃から自分自身を労わり、ケアしていくことで、人生の曲がり角を上手く乗り切っていきましょう。