MENU

すざく (朱雀) とは

ようこそ、千葉県市川市妙典の「すざく鍼灸治療室」へ。
東京メトロ東西線 妙典駅から徒歩3分の女性専用の小さな鍼灸治療室です。
不妊症、腰痛、更年期障害などの女性のための鍼灸治療室です。

不妊治療は「10組に1組のご夫婦が受けている」と以前言われていましたが、現在は「6組に1組」とまで言われるようになり、不妊治療を受けているご夫婦の割合は増えています。
わたくしもその1組で不妊治療を過去に受けていました。30代半ばで結婚をし、気持ちが焦り、特に不妊治療に対する知識もないままに病院を受診しました。しかし、病院での治療は投薬などで心身ともに大きな負担がかかります。また、世の中の不妊治療に関するたくさんの情報に振り回され、疲れてしまい、残念ながら早々と子供をあきらめてしまいました。
その情報のひとつに鍼灸治療があり、不妊治療の一環として鍼灸治療を受けていました。不妊治療はデリケートな話が多く、医学的なこともほとんどわからないなか、直接相談できる人はなかなかいません。そんな時、女性鍼灸師さんに話せる時間は、不妊治療中の不安な気持ちの中にいる私にとって心強いものでした。
鍼灸は、幅がひろく沢山の流派があります。その中で、当治療室は、短い鍼から長い鍼を症状と感受性に合わせて鍼灸治療を行っていきます。また、鍼灸治療に加えて、中国の伝統治療法のカッサや吸玉、身体をやさしく調律していく整体も取り入れています。
不妊症や腰痛などの痛みの鍼灸治療に加えて、冷えや自律神経の乱れ、更年期障害、女性の身体の不調も受付て、女性ための鍼灸治療室としてサポートしていきます。

治療室名の “すざく(朱雀)” は、四方を司る神(四神)の中の一つで南方を司り、幸福と家運繁栄の意味を持ちます。炎のエネルギーを宿し、フェニックス(不死鳥)が再生するが如く、何度でも諦めずにチャンレンジする前向きな人の願いをかなえてくれると言われています。
女性のこころと体が太陽のように元気になれる空間として、すざく鍼灸治療室をご利用ください。